ひたち野うしく 茶道あおば会

茨城県牛久市の裏千家茶道サークル

日常で「する茶」を提案した茶道のお稽古を通し、豊かな実りある日々を送りましょう。茶道で心と躰をととのえます。30~40代中心。茶名取得可。小中学生には行儀作法・正しい所作を身につけられると好評。小学校修了後も毎年初釜に参加することが出来ます。常磐線ひたちのうしく駅から徒歩7分。ひたち野水辺公園前。

晩夏の候、秋の虫の鳴き声が聴こえる頃となりました。夏のお稽古のない期間、宗家での研修、奥伝の稽古と研鑽を積み、後期へむけた心の構えの学びが続きました。

 ひとすじに という銘があります。これは大宗匠が茶杓につけた銘でございます。

迷いなく一筋に己の道に打ち込んでいるだろうかと、私は幾度となく自問自答します。まだまだ覚悟が足りないと、自分の未熟さを痛感します。そして一筋に茶の道に打ち込む大宗匠のお姿が目に浮かび、あぁまた頑張ろうと励まされているのです。

覚悟を決めて生きている人は、大変美しいもので、それには年齢や性別は関係ありません。

ひとすじに  
 心にきざんでおきたい素敵な御銘

IMG_20190824_140432

晩夏 扇屋製 (文京区本郷)


ここは裏千家 今日庵1564787689910

七月末に京都の宗家にて催された研修会に参加し、久しぶりの宗家訪問が叶いました。

茶道は己の心を整える禅の修行と考えています。置かれた場所で引き続き精進して参りましょう。

今年もご縁を頂き、地元の小学校で上級生を対象に茶道体験教室を開催します。
子供たちの心の記憶に刻まれるような会に致します。



土曜カッパ塾201907j
今回は社中の小学生が平点前を披露します。
体験する生徒たちが風炉釜や柄杓を直に見ることが出来る貴重な機会です。

IMG_20190611_045419

雨の日は、雨を楽しむ趣向を致します。
五感を鋭くして、いま在ることを愉しみましょう。
IMG_20190615_113722

伊藤柳櫻園詰
銘 小櫻

令和元年初の茶会。我が師匠が宝樹庵で釜をかけました。
6/9(日)松戸市本土寺
別名紫陽花寺

IMG_20190608_144010
みずみずしい紫陽花が美しい寺です。

宝樹庵
IMG_20190608_132128
有り難い仏典からの命名された茶室

茶室内部
IMG_20190609_091539
もうずいぶんどなたにも使われていなかった茶室が、よく浄めて、また人が使うことによってよみがえりました。

IMG_20190530_065147
咲いている時期は短く、ひっそりと庭の片隅で咲いています。とても趣のある茶花です。

今月から風炉の稽古となり、本日の土曜大人の部では、自邸の庭でまずお湯を召し上がって頂き、点心→炭点前→濃*薄茶と飯後の茶事の流れをでお稽古を致しました。
IMG_20190511_084322
自宅での炭点前は今回が初めて。息子も大きくなり、そろそろ火を扱うことに主人も同意。おかげでようやく電気から炭点前となりました。炭の効用で身体の隅々まで清められる時間をようやく自宅の稽古場で体感することが叶い、とても感慨深い時間でございました。
やってみたら、なんてこと無い!のだけれど、ね。


IMG_20190511_102642
こちらでゆっくり…ともいかず、午後は初夏の暑さでしたね。少しでもおくつろぎいただけましたら幸いです。


点心 茶事の流れを掴んでいただくための一品。心を込めて作りました。IMG_20190511_113823
が、点心づくりの合間に辛うじて撮れたのはこの一枚だけ!

肝心の濃茶の時も撮ることが出来ずお許しを。

IMG_20190511_154115
凛とした佇まいの女性の点前。普段からの心構えから茶人でありたい、そうあろうと心に誓います。

来月は、6/15。皆様と会えることを楽しみにしております。